ハチの巣駆除 出張専門館 すぐ駆けつけて、ハチの巣を退治します

カード支払い対応
企業様請求書払いOK

お電話でのご相談は無料です。お気軽にどうぞ。0120-610-456
受付は7時〜24時。365日年中無休。
更新日
2020年6月15日

蜂駆除業者はどこがおすすめ?失敗しない業者選びと駆除の流れを解説します

ハチの巣駆除出張専門館
スタッフの山中が分かりやすく教えます!

ハチの巣駆除出張専門館スタッフ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハチの巣を駆除している業者

「家にできた蜂の巣の駆除って、どこに依頼すればいいんだろう?」
「蜂の駆除についてネットで調べても、ヒットするページが多すぎてよくわからない…」

こんにちは!ハチの巣駆除出張専門館の山中です。
この記事では蜂駆除業者の選び方と依頼時のポイントについてお伝えします。

春から秋にかけては蜂の繁殖期。家の軒下やにいつの間にか巣をつくられていて、大変ですよね。
自分だけでなく、家族や近所の方もハチ刺し症の危険にさらされるので、巣を見つけたらできるだけ早く駆除するのが正解です。

ここで、あなたが蜂の巣を駆除する選択肢が大きくわけて5つあります。

  1. 自力で駆除する
  2. 自治体に相談する
  3. ハウスクリーニングに依頼する
  4. 町の便利屋さんに依頼する
  5. ハチ駆除専門業者に頼む

見た目もおどろおどろしい蜂の巣は、できれば近寄りたくないという方も多いはず。
「いい業者の条件って何なの?」「業者に頼んだときの駆除費用ってどれぐらいなの?」
本記事では、このような疑問を解消し、現役の蜂駆除職員だからこそお伝えできる業者選びのポイントや実際の費用相場について紹介します。

この記事を読み終わるころには、あなたは「蜂駆除の正しい知識」が身につき、巣の撤去に向けてやるべきことがわかっているはずです。
蜂駆除業者に関するお悩みを、一緒に解消していきましょう。

「今すぐ蜂の巣を駆除してほしい!」そんな方は、こちらからお気軽にご相談ください。
最短30分で駆けつけ、迅速かつ安全に退治します!

よい業者選びのために知っておいてほしいこと

さっそくあなたの1番のお悩みである「おすすめの蜂駆除業者はどこ?」について回答させていただきたいのですが…その前に。

あなたはそもそも、どのような会社が蜂の駆除を行っているか知っていますか?
蜂の巣駆除を行っている会社はたくさんありますが、「安かろう悪かろう」の言葉通り、駆除の実力はピンキリです。

ここで私が「ズバリこの会社がおすすめです!」と書いてしまってもいいのですが、私も蜂駆除に携わる者として、次の3つの願いをもっています。

そう、蜂の巣駆除とは、命の危険がつきまとう危険な作業なのです。
スズメバチの毒針は強力で、毎年数10人の死亡者を出しています。(厚生労働省の人口動態調査による)

金額だけでなく、あなたの安全につながる業者の”実力”も重要なポイントということですね。
この記事のポリシーについて確認したところで、さっそく蜂の巣駆除の選択肢5つを見ていきましょう。

そもそも蜂の巣駆除ってどこがしてくれるの?

記事の冒頭でもお伝えしたとおり、これから蜂の巣を駆除するにあたって、あなたが選べる選択肢は5つあります。

  1. 自力で駆除する
  2. 自治体に相談する
  3. ハウスクリーニングに依頼する
  4. 町の便利屋さんに依頼する
  5. 蜂駆除専門業者に依頼する

「1」はあなた自身で巣を駆除する方法、それ以外は外部に依頼する方法ですね。
公平な目線でジャッジしていただくために、それぞれのメリット・デメリットを順番にお伝えします。

1.自力で駆除する

殺虫スプレー
自力駆除のメリット
  • 巣を見つけてすぐに駆除できる
  • 業者のスケジュールに合わせる必要がない
自力駆除のデメリット
  • 防護服や殺虫スプレーの費用が高額
  • 駆除したあとの掃除や巣の処分などの手間がかかる
  • 戻りバチ対策が不十分で、蜂が戻ってくることがある
  • ハチに刺される危険がある

まずは、もっとも身近な自力駆除からお伝えします。
「蜂の巣ができた!早く駆除したいし、節約のためにも自力でやってみようかな?」という方は多いはず。

しかし蜂の巣の自力駆除にかかる費用は、思いのほか高額です。
まず、Amazonなどのネットショップで買える蜂の防護服が5,000〜4万円程度。
ちゃんとした製品を選びたいなら、2万円以上が妥当です。

この防護服をレインコートやゴーグル、手袋などの身近な品物で代用するとしても、トータルで15,000円以上は確実にかかります。
そのほかに殺虫スプレー、巣を処分するゴミ袋や掃除用品、ハチの侵入経路を塞ぐパテなどの細々した費用がかかりますから、たった数10cmの巣を処分するだけ…と思いきや、それなりの金額が必要ということがわかりますね。

プロはこのような道具をすべて持ち込みで作業してくれ、巣の処分や掃除についても、あなたが考えることは何もありません。

そして、自力駆除で忘れてはいけないのがハチ刺し症の危険です。
一般の方は、蜂がどんな習性を持っているか知らない方も多いと思います。

実は蜂の毒針というのは非常に生命力が強く、巣を処分したあと2〜3日は死骸についている毒針が動いて皮膚を刺してくることもあるんです。

このように蜂の巣駆除では知識の有無が重要になってくるので、中型以上の蜂の巣、とくにスズメバチやアシナガバチなどの危険な蜂の駆除は、知識が豊富な職員に頼むのが得策です。

2. 自治体に相談する

自治体
自治体の
メリット
  • 公園や公共の場にできたハチの巣を駆除してくれる
  • 地域によっては、金額を一部負担してくれる可能性がある
  • 防護服の無料貸し出しや、業者の紹介をしてくれる
自治体の
デメリット
  • スズメバチ以外は対処してくれないところが多い
  • 金額を負担してくれない自治体も多い
  • 土日休みのところが多く、平日仕事の方は予定を確保しづらい
  • 経験の浅い業者やボランティアの人が来る可能性がある
  • 戻りバチ対策が不十分で、蜂が戻ってくる可能性がある

続いては、あなたが住んでいる地域の自治体に、蜂の巣駆除を相談する場合です。
自治体に蜂の巣駆除を相談するとなると、公園などの公共の場にできた巣のイメージがありますが、持ち家にできた巣でも大丈夫です。
自治体が駆除費用を一部負担してくれるかもしれません。

一見とてもいい方法に思えますが、あなたが住んでいる地域によっては、自治体が対応してくれないことや、残念なスタッフにあたってしまう可能性もあるので注意が必要です。
自治体の対応は、次の3つのタイプにわかれます。

中には「スズメバチの巣ではないので、対応しません。自分でなんとかしてください」「業者を紹介しますので、そちらで金額を負担してください」という冷たい自治体も…。
業者を紹介してくれたけれど、来たのは蜂の専門家ではなくボランティアの一般人だったというケースもあります。

あなたと業者の間に自治体という仲介を挟む分、蜂の巣駆除が遅くなるのもネックです。
自治体が紹介する業者は選べません。
「費用も安くならなかったし、最初から自分で業者を探せばよかった…」という後悔だけはしないようにしてください。

3. ハウスクリーニングに依頼する

拭き掃除
ハウスクリーニングのメリット
  • 有名な会社に頼むと、安心感がある
ハウスクリーニングのデメリット
  • 地域によっては対応してくれないこともある
  • 繁忙期にはスケジュールを確保しづらい
  • 値段設定がやや割高

害虫駆除や引っ越し時のクリーニングを行うハウスクリーニング業者に蜂の巣駆除を依頼することも可能です。
ダスキンなどのネームバリューがある会社に頼むと、それだけで安心感がありますよね。

ただしハウスクリーニング業者の場合、引っ越しの時期には予定が埋まりやすく、スケジュールが確保できないこともあります。
それだけでなく、地域によっては対応してくれないことも。

また、ほかの業者と比べて基本となる値段設定がやや割高なので、その点も考慮して検討してみてくださいね。

4. 町の便利屋さんに依頼する

便利屋スタッフ
町の便利屋さんのメリット
  • ハチ駆除だけでなく、家の悩み全般を頼める
町の便利屋さんのデメリット
  • 経験の浅いスタッフが対応し、雑な駆除をされるおそれがある
  • スタッフの数が少なく、スケジュールが埋まりやすい
  • 戻りバチ対策が不十分で、蜂が戻ってくる可能性がある

「ライフサポートサービスを提供します!」
「害虫駆除・草取り・エアコン設置・お墓参り・家具の組み立てまで何でもします!」
こんな一文が載っていたら、それはきっと町の便利屋さんです。
蜂の駆除だけでなく、おつかいや掃除など、住まいの悩み全般に応えてくれます。

ただし便利屋さんは蜂の専門家ではないので、経験の浅い人に当たってしまうと悲惨です。
中には、スズメバチの駆除なのに防護服も着用しないようなスタッフにあたってしまい、「え、この人に頼むの?」と不安になり、依頼を取り下げる方もいるほどです…。

もちろんそんな方ばかりではありませんが、便利屋さんに依頼するときはメリット・デメリット両方を考えて検討することをオススメします。

また、個人経営の方や少数精鋭の便利屋さんも多いので、スケジュールが埋まりやすい点も頭に入れておきましょう。

5. 蜂駆除専門業者に依頼する

土の中のハチの巣を駆除している専門業者
蜂駆除専門業者のメリット
  • スズメバチだけでなく、どんな種類の蜂でも対応してくれる
  • 蜂の専門業者なので、ハチに関する知識と経験が豊富
  • プロ専用の駆除用品や防護服を完備している
  • 問い合わせ後、すぐに来てくれる
  • 再発防止のためのアフター保証を設定している業者が多い
  • Web申し込みだけの割引キャンペーンを設定している業者が多い
蜂駆除専門業者のデメリット
  • インターネットからの申し込みに不安を感じる
  • 業者選びに失敗すると、悪質な業者にあたってしまう

最後に、蜂駆除専門業者についてお伝えします。
このタイプの業者は専用のホームページがあり、業者名もハチに関する名前を冠していることが多いので、「あ、蜂を駆除してくれる業者なんだな」とすぐにわかると思います。

ネットの蜂駆除業者には蜂の専門家が揃っているので、知識と経験の両方を期待できるのがいいところです。
自分で揃えるのが大変な、専用の殺虫剤や防護服もすべて持ち込みで作業してくれ、再発防止のためのアフター保証も設定しているので、駆除面に関しての問題はほとんどありません。

デメリットは、インターネットからの申し込みが前提になるので、慣れていない方が不安に感じる可能性があることとと、業者選びが非常に重要になってくることです。
蜂駆除業者を選ぶときのポイントは、この記事の下でくわしくお伝えしています。(該当箇所にスクロールします)

蜂の巣を駆除するときには、先ほどお伝えした4つの方法も魅力的ですが、私はこの「ネットの蜂駆除に依頼する」方法が1番おすすめです。
その理由を今から簡単にお伝えしますね。

1番のおすすめは蜂駆除専門業者!重要なのは「戻りバチ対策」

蜂駆除専門業者がハチの巣を取り除いたところ

 
やはり蜂の巣駆除に関しては、ネットの蜂駆除業者が1番です。
というのも、蜂の駆除では巣自体の駆除ももちろんですが、「戻りバチ対策」が非常に重要になってくるからです。

蜂には帰巣本能が備わっているため、巣がなくなっても元いた場所に戻ってきます。
巣がないことに気付いた蜂は、以前よりも攻撃的になり、刺される危険が高くなります。

とくに女王蜂を逃してしまうと大変です。
同じ場所に再び巣を作られ、また業者を呼んで駆除してもらう…という結果になりかねません。

このような戻りバチ対策にもっとも精通しているのが、先ほどおすすめした「蜂駆除専門業者」なのです。

蜂駆除業者のホームページを見てみると、「再発防止のための対策」などの記載があると思います。

再発保証あり

たとえば当社のアフター保証では、1週間以内に同じ女王蜂によって巣を作られた場合、お無料で対応いたします。
通常作業の場合も、屋根裏や床下などの屋内に巣を作られた場合は、巣の駆除だけでなく、ハチの侵入経路までしっかりと塞ぎます。

このように、ハチの習性を知り尽くしている専門家に依頼できるのが、蜂駆除専門業者のいいところです。
再び巣を作らせないためのアドバイスなどもしてくれますので、ぜひ依頼して聞いてみてくださいね。

蜂駆除専門業者に依頼する上で、注意してほしい点があります。

失敗しないために!業者選びでチェックするべき5つの条件

スピード対応か、現地見積もり無料か、追加費用はないか確認しましょう

蜂駆除業者選びに失敗してしまうと、素人同然の悪徳業者に引っかかる可能性があります。
業者選びでは、先ほどお伝えした戻りバチ対策のための再発保証以外にも、いくつかのポイントがあるんです。

そこで、蜂駆除業者を選ぶ際にぜひチェックしてほしい5つの条件をお伝えしますね。

  1. 住んでいる地域に対応している
  2. スピード対応してくれる
  3. どんな種類のハチでも対応してくれる
  4. 現地確認・見積もり無料・追加費用なし
  5. Web割引を設定している

それぞれの要点を抜粋して紹介します。

1.住んでいる地域に対応している

大前提として、あなたの住んでいる地域に対応している業者を選びましょう。

全国対応の業者なのか、それともエリアを絞って活動しているのかをホームページで確認してみてください。

全国対応の業者は全国に提携先や拠点を設けているので、1番近い職員がすぐに駆けつけてくれますよ。
住んでいる地域名の記載がなくても、可能であれば近隣の職員が出張してくれるかもしれないので、まずは電話で問い合わせてみることをすすめます。

2. スピード対応してくれる

家にできたハチの巣は、早期発見・早期駆除が肝心です。

春先には5cmほどしかない小さなハチの巣も、夏から秋にかけて直径10cm以上の大きさに成長します。
電話をしてから駆除までに1週間、2週間…と間が空いてしまうと、それだけ働き蜂の数も増え、刺されるリスクが上がっていきます。

それだけでなく、蜂の巣のサイズが大きくなればなるほど、駆除の費用も上がっていきますので、「電話をしてから30分で到着」「即日対応」などの記載があるスピード重視の業者に依頼してみてくださいね。

3. どんな種類のハチでも対応してくれる

地球に生息する蜂は、現在種類が判明しているだけでも約13万種。
その中から日本に生息する種類だけに限定しても、約4,200種類以上ものハチが存在すると言われています。

多種多様なハチ

そのように膨大な蜂の巣をパッと見ただけで種類を特定するのは、専門家でもあっても難しいことです。
せっかく業者にきてもらったのに、「うちでは対応していない種類ですので、お断りします」と言われたらガッカリしてしまいますよね。

ですので、あらかじめホームページをチェックして、どんな種類の蜂も請け負ってくれる業者に依頼しましょう!

4. 現地確認・見積もりが無料・追加費用なし
お見積もり

蜂の巣駆除では、現地確認後の見積もりが必須となります。

なぜかというと、電話で話を聞いただけでは、蜂の種類や巣のサイズ、駆除の難易度がハッキリとわからないからです。
このような背景があるので、現地で職員が正確な見積もりをビシッと出してくれるかどうかが重要になります。

ホームページに現地確認と見積もり無料、追加費用なしと書かれた業者なら安心です。
駆除にかかる金額を把握したうえで、業者の相見積もりを行い、じっくり検討できますからね。

5. Web割引を設定している

ネットの蜂駆除業者の中には、Web割引を設定しているところがあります。

たとえば当社では、Webから申し込んでくださった方全員に1,000円の割引クーポンをおつけしています。
▶くわしいサービス内容はこちらをご覧ください。

このように、Webならではのお得なクーポンを用意しているところは狙い目ですので、ぜひ探してみてください。
続いては、業者を選んだあとのお話をさせていただきます。

蜂の巣駆除の流れを教えて!〜お問い合わせから支払いまで〜

業者に駆除を依頼するにあたって、どのような流れで進むのかを押さえておきましょう。
ここでは、「駆除の流れ」「駆除にかかる時間」「費用の相場」の3点をお伝えします。

蜂の巣駆除の5ステップ

まずは、蜂の巣駆除がどのような流れで進むのかをお伝えしますね。

  1. 電話/メールで問い合わせ
  2. 現地確認・見積もり確定
  3. 契約・作業開始
  4. 掃除、再発保証の説明
  5. 支払い

本格的な作業は、「3」の契約を終えてからスタートします。
現地確認と見積もりは無料ですので、この間に疑問や不安を業者に相談し、納得したうえで契約に進みましょう。

蜂の巣駆除にかかる時間は?

小さな巣なら1時間ほど、大掛かりな巣や侵入経路の封鎖などがあった場合でも、長くて半日ほどで作業が完了します。
電話問い合わせをしてから30分で職員が到着し、その日のうちに作業を終えることも多いんですよ。

 蜂の巣駆除の費用相場はいくら?

どの業者に依頼するときも、スズメバチの小型巣1つあたりだいたい1万円〜という予算感を持っておくと、ギャップに驚かずに済むと思います。

※金額は一例であり、巣の状態によって前後しますのでご注意ください。

業者の金額設定について、カンタンにお伝えしますね。

蜂の巣駆除は、「蜂の種類」「巣のサイズ」「巣のある場所」3つの要素から決定します。
蜂の種類別の基本料金は次の通りです。

スズメバチ アシナガバチ ミツバチ
スズメバチ アシナガバチ ミツバチ
9,000円〜 4,000円〜 4,000円〜

※表に書かれた費用は最低金額です。
攻撃性の強いスズメバチの駆除は、業界全体で他よりも少し高めに設定されていることが多いです。

続いては巣のサイズ別に、費用相場を見てみましょう。

50cm前後の大型巣となると、繁殖ピークを迎えた8〜11月の集団性社会バチの巣ですね。
200〜1,000匹ものハチが集団で襲いかかってくるため、駆除する際に刺される危険が高くなります。

とはいえ、屋根の軒下など高い場所にできた巣は、正確な大きさなんてわかりませんよね。
蜂の巣に近付くと刺される危険がありますので、巣の大きさの判断は業者の職員にお任せしましょう。

さらに巣のある場所も金額を決定する材料となります。
「はしごが必要な高所なのか?」「土の中に巣があり、専用の道具が必要なのか?」
このような観点から、必要な駆除用品や危険度が変わってくるためです。

地域によっては、これらに出張費が上乗せされ、最終的な金額が決定します。

キッパリ「◯◯円!」と言えないのはなぜ?

「蜂駆除の費用形態って、複雑だな。ハッキリした金額を知りたい!」
そう考えるのは当然のことですよね。

しかし先ほどお伝えしたとおり、蜂の巣は自然にできたものなので、一つひとつ形状や大きさ、駆除の難易度が異なります。
キッパリ「◯◯円です」と記載できないのは、このような理由があってのことです。

上のトピックでもお伝えしたとおり、日本に生息する蜂の種類は約4,200種
蜂駆除専門業者は、これらすべてに対応し、刺す蜂、刺さない蜂、巣のある場所や季節を考慮して駆除費用を決定しています。

くわしい金額を知りたい方は、ぜひ業者のホームページから現地確認と見積もりを依頼してみてください。
作業員が現地に伺い、サイズや状態をくわしく調べて、正確な見積もりを出してくれます。
もちろん、他の業者との相見積もりもOKです。

ハチの巣駆除出張専門館では、無料の現地確認と見積もりを行っています。
契約が結ばれるまでは、駆除作業にはなりませんのでご安心ください。
また、正式なお見積りをお出ししたあとは、追加料金は一切発生しません。

「どんな種類のハチの巣かわからないんだけど…」という方からのご相談も受け付けていますので、お気軽にお電話くださいね。

最後に…1日も早く蜂の巣を駆除しましょう

この記事でお伝えした内容のを重要なポイントは次の3点です。

記事の中でもお伝えしたとおり、家にできた蜂の巣は、早期発見・早期駆除が鉄則です。
こうしている間にも、刻一刻と働き蜂は育っています。

ハチの巣駆除出張専門館は、最短30分で駆けつけ、再発防止まできっちり対処する蜂駆除専門業者です。

「家にできた蜂の巣で、よくわからないことがある」
「見積もりだけでも聞いてみようかな」

どんな小さなことでも構いません。
蜂駆除でお困りの際には、私たちにご相談くださいね。

▼7:00〜24:00対応のお電話番号はこちら▼
0120-610-456

▼1日以内にご返信するメールフォームはこちら▼
お問い合わせフォーム

この記事を読んだあなたが納得して蜂駆除業者を選び、スムーズに巣を撤去できるよう祈っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年中無休、受付時間7時〜24時。ハチ駆除退治のベテランが、お電話1本、すぐに駆けつけます。

お見積もりは無料です。気軽にお電話ください。0120-610-456。

現在、最短30分~でお伺いします!

メールで相談する
スタッフの写真 WEBを見て電話した方限定1,000円割引クーポン配付中。お電話の時にご利用をお伝えください。